BRAND STORY - 2016

「.audio」の理由

建築家 佐藤宏尚が、自ら設計した空間のために、スピーカーを創ったことからSYRINXは始まります 。

柔らかで重い革のボディが特徴のスピーカー は、その漂うようなクリアな音が評判を呼びます。それに応えるため、特許を取得し、オーディオブランドとして「SYRINX(シュリンクス)」は誕生しました。

これが、SYRINXのドメインが「.audio」である理由です。

BRAND STORY - 2017

そしてレザーアイテムへ

音に良い革を探し、巡り合ったのが、イタリアの伝統方法でなめされるヴァケッタレザーです。
エイジングによる色艶が見事なまでに美しく、革らしさを堪能できる革です。
しかし、スピーカーを製作すると端材が大量に発生します。

「いただいた命は大切に使い切りたい」

その想いから、端材を活用したレザーアイテム開発が始まりました。以後、ヴァケッタレザーはSYRINX製品を代表する革になります。
そしてSYRINX初のレザーアイテムとして、アイコニックな名刺入れ「Tsutsumu®」が誕生しました。

BRAND STORY - 2018

Hitoe®誕生

Tsutsumu®の発売後、「身も心も軽やかに」をテーマに、シンプルで携帯性に優れたiPhoneケースやペンケース、ドキュメントケースなどの製品を次々と発表します。
そして軽快に持ち運べる財布が、世に求められていることに気づき、財布の開発にとりかかりました。

こうして薄さに特化した財布Hitoe® L-zipが誕生します。

また、製品の開発手法も独特です。
D2Cに「Designer to Consumer」の意を重ね、デザイナーの理想を、そのままクラウドファンディングで、直接世に問います。その結果、高い評価を得たアイデアを、ユーザーの声を反映しながら、進化させていきます。

BRAND STORY - 2019

数々の受賞と記録

この年は飛躍の年になりました。

これまでに発表したスピーカーやレザーアイテムが
「IF Design Award」
「IDEA」
「A' Design Award」
など国内外の著名なデザイン賞の受賞を重ねます。
クラウドファンディングでも、Hitoe ® L-zipが国内の記録を度々更新します。

SYRINXが掲げる「身も心も軽やかに」が、数多くの方に共感を頂けることを確信した一年になりました。

BRAND STORY - 2020

Hitoe® Fold誕生

HITOE® L-zipシリーズの後、代表作となるHitoe® Foldが誕生します。

Hitoe® Fold -Liscio- は、予約申し込みが殺到し、最大で一年半の予約待ちにまで達しました。

増え続ける需要に応え、納期を早るために、提携工房を新たに開拓し、生産能力を大幅に拡大しました。

BRAND STORY - 2021

Ariaシリーズを発表

これまでのヴァケッタレザーでなく、薄く漉いた革を貼り合わせる「ベタ貼り」を採用した「Aria」シリーズを発表しました。

Aria初製品は、SYRINXの原点「Tsutsumu Card Case Aria」。その次に「Hitoe® Fold Aria」が続きます。Hitoe® Fold Ariaのクラウドファンディングは、過去最大のお申し込みを頂き、Ariaは、SYRINXの最上位モデルとして定着します。

BRAND STORY - Side Story

その名は最古の楽器に、その姿は革の聖地へ

SYRINXのブランドの由来と、ロゴについて、神秘的ともいえる不思議な繋がりをご紹介します。

ブランド名・ロゴの秘密