知的財産とは

知的財産権とは何でしょうか。これは、特許庁のホームページにわかりやすく説明があります。要約すると、

特許法第1条には、
『この法律は、発明の保護及び利用を図ることにより、発明を奨励し、もつて産業の発達に寄与することを目的とする』
とあります。発明や考案は、制度により適切に保護がなされなければ、他人に盗まれないように、秘密にしておこうとするでしょう。
しかしそれでは、発明者自身もそれを有効に利用できず、他の人が同じものを発明しようとして無駄な研究、投資をすることになります。
知的財産権制度は、発明者に、一定期間独占的な権利を付与することで、その発明を公開し、利用を図り、さらに新たな技術の進歩を促進し、産業の発達に寄与しようというものです。

意匠権とは

知的財産権には、特許権、実用新案権、意匠権、商標権などがあります。
SYRINXは、特許件、意匠権、商標権など、多数保有していますが、最も数が多いのは意匠権になります。
意匠権とは、模様・色彩・建築物の形状・画像などのデザインを保護する権利です。「特許庁」への出願手続をし、審査を経て登録された場合に発生します。
このコラムでは、意匠権についてさらに深掘りします。

意匠権侵害について

意匠権侵害とは、意匠の独占権が存在するにも関わらず、意匠権者に無断で、意匠登録されたデザインと同じデザインあるいは類似のデザインの商品を販売したり、輸入、レンタルする行為をいいます。意匠権侵害行為は「意匠法」という法律で禁止されています。

では、どういった場合に意匠権侵害となるのか。

大きく誤解されているのが、保護されるのは、意匠登録されたデザインと全く同じデザインだけではないということです。
類似のデザインを使用する場合も意匠権侵害に当たります。

意匠権の具体例

多くの知的財産権を取得しているHitoe Foldについて、少し具体的にご説明します。
初代Hitoe Fold発表後、類似コンセプトのコンパクト財布が市場に多数誕生しています。「小さな薄い財布」の系譜 参照)
このこと自体は、冒頭の知的財産権の意義そのもので、一つのアイデアが、新たな発展に寄与し、社会にとって好ましい循環であると言えます。
その一方、Hitoe Foldは、特許1件、意匠3件の知的財産権を保有し、その核心となるアイデアやデザインを保護しています。

例を挙げると、下図は、Hitoe Foldの意匠登録1659079です。この財布の基本デザインを保護するために登録したものです。点線部は申請に含まれず、赤く塗られた部分のみを登録しています。部分意匠登録という手法です。

部分意匠とは
『独創的で特徴ある部分を取り入れつつ意匠全体で侵害を避ける巧妙な模倣が増加し、十分にその投資を保護することができないものとなっていたことから、物品の部分に係る意匠も保護対象となるように改正したものである。』(編集 特許庁「工業所有権法(産業財産権法) 逐条解説」より)

Hitoe Fold 意匠登録

この登録の独創的な特徴は以下になります。

・コインポケットが上部、カードポケットが下部にあり、カードは複数枚を重ねて収納し、横に開口部がある
・カードポケットは、立体的なマチを有し、クレジットカードジャストサイズ
・コインポケットとカードポケットの仕切りは、表層の一枚の革をステッチで隔てることで構成される

類似と考えられる例

先に記載したように、意匠権では全く同じデザインだけでなく、類似のデザインについても保護されます。多くの場合、類似か否かが、大きな争点となります。そのため複数の指針が特許庁により示されており、その一部をご紹介します。
例えば先の意匠登録1659079で、切り欠き部分の大きさ端部の処理方法を変更したとします。

端部の処理方法
もとの外でステッチする方法も、端部の革を回り込ませたり、外でなく内側でステッチする方法も、容易に思いつく一般的な手法です。
『ありふれた形状等の部分は、相対的に影響が小さい』
(特許庁 意匠の審査基準及び審査の運用 49p)
とあり、端部の納まりを他の一般的な方法に変更しても、類似とみなされる可能性が高くなります。

切り欠き部分の大きさ
『大きさの違いは、当該意匠の属する分野において常識的な範囲内のものであれば、ほとんど影響を与えない』
(特許庁 意匠の審査基準及び審査の運用 50p)
とあり、切り欠き部の大小は類似とみなされる可能性が高くなります。

最後に

特許や意匠権のほかにも、デザインを保護する法律や権利として、不正競争防止法や著作権などがあります。
なお、知的財産権の侵害は、損賠賠償などの民事だけでなく、刑事罰の対象になる場合もあります。そのため製品開発する場合、慎重に調査する必要があります。
SYRINXは、知的財産権侵害による被害を予防するために、保有する知的財産権の一覧を公開し、第三者が調査しやすいようにしています。

https://syrinx.audio/pages/about-syrinx