Color: Camel

在庫残り13個!

Musubu ® Key Case - Liscio -

$14.00

上質な革で鍵を挟む。ただ、それだけ。

革で結ぶ

V型の革で挟むだけの、ミニマルを極めたデザイン。(特許庁意匠 登録登録第1623076号)

これまでにない鍵の束ね方

革で結ぶ

鍵を束ねるのは革紐です。従来は、金属製のリングが連なり嵩張りました。
「《結ぶ》キーケース」は、革紐の柔らかさで、鍵をコンパクトに束ねます。
優しい手触りで、荷物を持ったまま、片手で鍵の出し入れが可能です。

鍵の本数は自由に、1〜10本まで

本数

革紐の長さを調整できるので、鍵の本数は自由です。最大でおよそ10本まで束ねることができます。

立てる

数本鍵を束ねれば立てて置くことができるので、机の上でも鍵がバラバラと広がりません。

使い方

1 通す

通す

金属製のリングが付いている場合は取り外し、鍵を直接革紐に通します。

2 結ぶ

結ぶ

3つの穴に革紐を緩く通し、その後、革紐を締めれば、しっかりと結ばれ解けません。

3 切る

切る

余った革紐を、カッターナイフでカットします。

※ 鍵の本数にフレキシブルに対応できるよう革紐は長めになっています。
※ 鍵の大きさは約6cm程度までの鍵を収納できます。車のキーや、マンションのスマートキーは、納まらない場合がございます。
※ 革紐は幅5mmありますので、鍵の穴の幅は5mm程度必要です。
※ 革紐を短く切りすぎると鍵の入れ替えが困難になるのでご注意下さい。
※ 革紐は使用に伴い若干延び、細くなります。
※ 鍵を頻繁に入れ替えする使い方には向いておりません。

Liscioの革

滑らかな質感

「滑らかな」を意味するイタリア語、Liscio(リーショ)。
銀面はスムースできめ細かく、染料仕上げによる自然な色ムラがあり、革らしい上品で味わい深い表情です。

採用したのは、9世紀初頭からイタリア・トスカーナ地方に伝わる「ヴァケッタレザー」。植物タンニンで鞣し、じっくりとオイルを染み込ませ、ほぼ永久に潤いと艶のある革質を味わえます。

ヴァケッタレザーのエイジングは、数あるイタリアンレザーの中でも際立つ存在で、見事なまでに美しく色艶が深まります。

エイジング

CamelCamel(キャメル):ラクダの毛の色。黄みがかった明るいブラウン。
ChestnutChestnut(チェスナット):栗色。赤みのあるブラウン。
TealTeal(ティール):鴨の顔の毛の色。青緑色が次第に濃く。
BlackBlack(黒):マットな表情から次第に艶のある黒に。

ナチュラルマーク

動物は生きていれば傷やシミ、虫刺されなどが付き物です。
通常の革では、顔料やエナメルでそれらは覆い隠されてしまいます。

しかし、この革は、革本来の質感や触感を大切にした染料仕上。そのため下記のような『生きた証(ナチュラルマーク)』が刻まれていることが多くあります。

これらは、天然の素材ゆえの唯一無二の個性で不良ではございません。ただ、その表情の好みは人それぞれ。希望される場合、交換を承ることも可能です。希望する場合「保証・修理・キャンセル・返品」の交換欄をご確認の上お手続きをお願い致します。

【バラ傷】

この革の元となる牛は、ストレスが少なく、健康に育つ様に、放牧飼育されています。そのため、ぶつかったり、喧嘩したりしたときの小傷、虫刺されの跡が多くあります。これらの傷痕が「バラ傷」です。自然に近い良い環境で育つほど、革質はよくなりますが、バラ傷は多くなります。

革全体に散在し、避ければ小さなパーツしか取れません。そのため、大きなパーツにはよく含まれます。

人工の素材には決してみられない、天然革ならではの個性的は表情です。

 

【血筋】

天然皮革にしかない模様、人工でなく天然である最もよく見られる証が、「血筋」です。

これは、皮膚の下の血管の痕です。銀面にうっすらと見えるものや、軽く皺として残ったもの、床面にくっきりと現れるものがあります。

【トラ】

動物の複雑な形状を、革として平らにならした時にできる長い筋目の縞模様。まるで虎のしま模様のように見えるため「トラ」と言われます。

トラは特に首筋周りに多く、この革はショルダー(肩)なので、トラが頻繁にみられます。品質的には問題なく、トラが多い背骨付近は、繊維密度が高く、革質はかえって良質です。フラットで皺のない革のほうが良質であるとは限りません。

イタリアンレザーでは、トラは革の表情を豊かにする個性として大変親しまれています。

【ピンホール】

毛穴や毛根が残ったもので「ピンホール」と呼ばれます。
特にこの革のように染色だけで表面加工をほとんどしない場合、自然の表情としてしばしば確認できます。

外形寸法:約W.70 x H.33
製品重量:約10g
鍵本数 :1本〜10本程度
革   :牛革(イタリア Tempesti社製)
     または(イタリア Conceria800社製)
     または(イタリア Badalassi Carlo社製)
     または(イタリア Lo Stivale社製)
製造国 :日本
知的財産:意匠登録第1623076号
     商標登録第6411511号

Customer Reviews

Based on 31 reviews
94%
(29)
6%
(2)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
匿名
使いやすい

片手で素早く出し入れできるため非常に便利。他に見たことのない仕組みのキーケースなので話題にもなる。使っているうちにヒモが緩くなってきているが今のところ千切れたりはなさそう。良い品だと思います。

この度は、数多くある商品の中からお買い求め頂き誠にありがとうございます。
高くご評価いただき、感謝申し上げます。
革紐は、長期的には少しずつ伸びてきますので、適宜調整が必要となります。
鍵の穴のエッジに引っかかりなどがない限り、革紐が切れることはありませんが、もし切れて場合は、公式サイトのサポートに連絡いただければ、対応させていただきますので、ご安心下さい。
引き続きご愛用いただけますよう宜しくお願い致します。

匿名
さわり心地が良くて収まりのいいキーケース

財布と同じ生地で使いやすいキーケースでした。
可愛いし触り心地が良くてとても使いやすいです。
鍵は一つしかないため、メリットを最大限に活かせてないかもしれませんが今後鍵が増えた際に買おうと思える商品でした。

この度は、数多くある商品の中からお買い求め頂き誠にありがとうございます。
簡単な製品ですが、気に入っていただき、嬉しく思います。
引き続き宜しくお願い致します。

b
bond
必要十分なキーホルダー

勤めを辞めて、会社のデスクやロッカーの鍵を持つ必要が無くなり、車のリモコンキーは嵩張ってキーケースに入らない。結果キーケース内の鍵は玄関用一つになった。従来使っていた鍵が4、5本はいる三つ折りブランドモノのキーホルダーは重くて嵩張るばかりで無用に長物になった。しかし一本の鍵を裸で持っているとポケットが痛むし、紛失しそう。
Musubu ® Key Case - Liscio -はかさばらず、ポケットを痛めず求める機能を満たしている。贅沢をいえば、片手でパラリとケースから鍵をスムーズに出せるといい。皮が馴染んだらそうなるかもしれない。期待しています。

この度は、数多くある商品の中からお買い求め頂き誠にありがとうございます。
高くご評価いただき、ありがとうございます。
革が馴染むことで、鍵の取り出しもスムーズになると思います。
引き続きご愛用いただけますよう宜しくお願い致します。

匿名
最高!

触り心地は良いです。
鍵は1本でしか使っていませんがそれでも使ってよかったなって思える一品です。

この度は商品をご購入いただき、誠にありがとうございます。
気に入っていただき光栄です。
引き続きご愛用いただけますようお願い致します。

あしたか
他の革でも作って欲しい

こういうシンプルなキーケースを望んでいたので、ばっちり好みに合いました。
鍵を一本しか使っていないため、片手でさっと取り出せてとても便利です。
あとは、自分の好みですが、リスシオの革も良いですが、プエブロレザーで作っていただきたいですね。

この度は、数多くある商品の中からお買い求め頂き誠にありがとうございます。
また貴重なご意見ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。
引き続き宜しくお願い致します。

S
S.
Key Case - Liscioを購入

家の鍵がスマートキーなので、そのままつけると鍵がはみ出してしまうことはわかっていましたが、チップが入っているプラスチック部分は物理鍵から取り外した状態で、それぞれを一つのキーケースに取り付けて使っています。複数鍵を収納できるスペースがあるので問題なく使えてコンパクトなのでとても満足しています。

この度は、数多くある商品の中からお買い求め頂き誠にありがとうございます。
工夫してご利用いただき、感謝致します。
今後ともご愛用いただけますよう、よろしくお願い致します。