コンテンツへスキップ

Foschia

Origins

イタリア語で「霧」を表すFoschia(フォスキーア)。朝霧のような白いワックスで覆われた表情が特徴です。使うほどにワックスが革に浸透し、透明感のある表情があらわれます。

Tanning and Manufacturing

北欧産の成牛のショルダー(肩)を使用。植物タンニンで鞣した後、表面を軽くバフ(研磨)加工し、ホワイトワックスを施しています。鞣し剤は、南米原産のマメ科のタラの実を使用。希少ですが、植物タンニンの中で最も色が淡く、耐光性のある仕上がりです。通常より白く鞣すことができ、顔料を用いず染料のみで美しい淡色を実現しています。ナチュラルマークも見られます。

Maintenance

ワックスが次第に浸透することで、上品で自然な艶が出ます。さらに油分も適度に含むため、傷や乾燥が気になる場合を除き、オイルケアは不要です。詳しくはこちらをご参照ください。

淡色は、表面がデリケートで、シミや傷が目立ちやすいので取り扱いに注意が必要です。

Colors

シビラ Greige
Misty Greige(グレージュ)
シビラ Ash
Misty Ash(アッシュ)
シビラ Iris
Misty Iris(アイリス)
シビラ Chocolate
Misty Chocolate(チョコレート)
シビラ navy
Misty Navy(ネイビー)
シビラ Black
Misty Black(ブラック)