コンテンツへスキップ

Monocromo

Origins

イタリア語で「モノクロ」を表すMonocromo(モノクローモ)。
表革はシボのある白、内革はスムースな黒、2色のコントラストが特徴です。

Tanning and Manufacturing

表革には北欧産の成牛のシングルバット(背中から腰)を使用。ホワイト鞣しの後、染料(アニリン)で染め、顔料を吹き付けて仕上げます。傷・汚れに強く、水を弾き、ほとんどエイジングしないので、、ご購入当初の表情を長く保つことができます。
シングルバットは、もっとも繊維が密で肌目細かい部位で、シボ加工した際も均質で美しいシボが得られます。

Maintenance

傷・汚れ・水に強い革ですが、濡れた際はすぐに拭き取り、定期的に柔らかい布で表面の塵を取り除いてください。詳しくはこちらをご参照ください。

Color

Monocromo
Monochrome(モノクローモ)