「小さな薄い財布」の系譜

2021年にデザインを一新し、その役割を終えた初代Hitoe Fold。
(写真は2019.11の製品発表に使用した社内製作の初期試作品)
私たちにとって大変思い入れのある製品です。この機に初代Hitoe Foldが果たしたエポックメイキングな役割を振り返ります。

今回改めて詳しく調査したところ、カードとコインが重ならない薄い財布は、Hitoe Fold以前には、以下の6作品を発見しました。(その他情報あれば是非お知らせ下さい)

2008頃? サルトーレ・ワレット(サルトーレ)
2009.12 薄い財布(バリューイノベーション)
2017.01 コモド(ULYSSES)
2018.06 Hitoe L-zip S(SYRINX)
2018.11 Piastra(エムピウ)
2019.09 Jitan(JACAJACA)

いずれも薄さを特徴とする財布です。
しかし、カードポケットに名刺も入るなど「小さい財布」を目指したものではありませんでした。

そして2019年11月、インナーフックの特許出願完了と同時に、ミニマルなデザインを追求した「小さな薄い財布 Hitoe Fold」を発表。
その価値を世に問うために行ったクラウドファンディングでは、開始わずか3分で1,000万円を達成。さらに、国内最高額(51,795,439円)の記録しながらも、コロナの影響で革の輸入が安定せず、止むなく18日間で早期終了。予約待ちは、最大で1年半にまで達しました。

このように大きな反響と話題を呼んだことで、「薄い財布」から「小さな薄い財布」に市場のトレンドが一変します。

Hitoe Fold発表から数ヶ月の空白期間を経て、突如、各社から同類の「小さな薄い財布」が続々と登場しはじめます。多くが立体的なマチを持ち、カードポケットはクレジットジャストサイズに変貌、コインポケットのショートフラップも採用しています。

しかし、これまでにHitoe Foldのクラファンの記録を超えた財布は、Hitoe Fold Aria(7,854万円)とHitoe Fold v.2021(5,548万円)のみ。
初代Hitoe Foldは、「小さな薄い財布」の系譜を開いたエポックメイキングな存在であったと言えます。

SYRINXは、幅広い層に向けた万人向けの製品でなく、たとえ狭くても深く刺さり、そこから新たな市場を広げることを目指しています。

2021年11月には、シリーズ最薄のHitoe Fold Lessを発表。
時代を先取りしたカード3枚という思い切った仕様で、Hitoe Foldの挑戦は、今も続いています。

Hitoe Fold -Liscio-
Hitoe Fold Aria -Foschia-
Hitoe Fold Less -Foschia-