世界のデザイン賞の紹介

SYRINXは、世界のデザイン賞で25冠を達成しました。
数多くの賞にチャレンジした経験で得た、デザイン賞の特徴をご紹介させていただきます。

デザイン賞は大きく2つ

プロダクト関係のデザイン賞は、大きく2つに分類できます。
実物審査が、ある賞、ない賞、です。
実物審査がない場合は、テキストと画像・動画のみの審査となります。

実物審査を行うには、審査側も、広いホールの準備、審査員のスケジュール調整、受領・返送・展示の作業など、大変な労力を要します。しかし、素材感や手触り、スケール感、重量感、製作精度など、実物に触れないと伝わらないことは多くあります。

基本的な傾向として、格の高いデザイン賞ほど実物審査があり、受賞難易度も高くなります。

実物審査のある賞の例

  • iFデザイン賞(ドイツ・世界三大アワード)
  • レッドドットデザイン賞(ドイツ・世界三大アワード)
  • IDEA賞(アメリカ・世界三大アワード)
  • Germanデザイン賞(ドイツ)
  • DFA賞(香港)
  • おもてなしセレクション(日本)
  • グッドデザイン賞(日本)

審査の透明性

実物審査のあるデザイン賞でも、その審査がどのように行われているのかは、ほとんどの場合わかりません。
審査を行うのは限られた人数なので、結果は審査員との相性(主観)に大きく左右されます。
実際に、一度落選した賞は、審査員の顔ぶれが変わらない限り、翌年に別製品でチャレンジしても厳しいかもしれません。

しかし、その中で「iFデザイン賞」は、信頼できる特別な存在です。
一次審査からの各審査員の個別の採点表、最終得点、受賞基準点をまとめたスコアカードが提供され、審査のプロセスや客観性について信頼することができます。

下の画像は、Hitoe Fold Ariaが受賞した時のスコアカードです。工業製品が主役で、ハンドメイドプロダクトには厳しい賞ですが、全ての評価項目で、かなり高く評価いただき、合格基準点270点を115点上回ったことがわかります。一次審査で、審査員により評価に結構差があることも知ることができます。

社会的に認知度が高い賞であるほど、透明であるべきですが、ほとんどの賞はブラックボックスで、落選した場合もその理由を推し量ることはできません。 その点、iFデザインの取り組みは素晴らしいと思います。

その他、審査に特徴のある賞として、「おもてなしセレクション」は、選定員のコメント一覧を得ることができ、生の選定員の感想を知ることができます。

if design awards score card